モートン病の治療

スポンサーリンク

ひどくなる前に自分でできるモートン病の治療とは?

足の裏に痛みやしびれを感じ、ひどい場合は歩くことが困難になるモートン病の治療は、様々なものがあります。比較的高確率(50〜80%程度)で症状が改善される注射、重症の場合の最後の砦である手術などは病院で施されますが、そうでない場合、自分で施す日常のケアが大事になると思います。

 

それでは、自分でできるモートン病の治療とはどんなものがあって、どの程度効果はあるのでしょうか?

 

まず、足の先端部に締め付けのない靴の選定、足先に負担をかけない立ち方・歩き方をするといった生活改善があげられます。症状が軽度の場合、これだけでも十分回復の見込みがあります。

 

次に考えられるモートン病の治療は保存療法です。自分でできる代表的なものはやはり湿布、痛み止め薬などの服用です。市販のインソールを購入して使用するのも簡単にできますし、効果が期待できます。

 

テーピングもきちんと足のアーチを整えるように矯正できていれば効果は期待できます。簡単な巻き方でもモートン病の治療法としては十分です。ネットやyoutubeで、誰でも簡単に巻ける方法がのってますよ。

 

局部の循環を良くする方法も効果があります。モートン病の治療としては、これが一番効果的なんではないでしょうか?風呂上りの足裏マッサージと脹脛のマッサージなどが良いと思います。また、患部の指を曲げ伸ばしする運動療法も効果的だと聞きます。但し、症状が少し改善されてからにしないと、症状がぶり返しますから注意が必要です。

 

このように、自分でできるモートン病の治療はたくさんあります。ひどくなる前に色々試して、効果のあるもの、自分にあうものを見つけましょうね。

スポンサーリンク