モートン病の靴

スポンサーリンク

モートン病の靴が引き起こす原因とその対策について纏めました

ハイヒールを常用する女性、窮屈な革靴を履き外回りに奔走する営業マン、お洒落のために合わない靴を無理して履く若者たち。彼らに共通するリスクはモートン病。足の裏に痛みやしびれなどを覚える病気のことです。

 

その原因は、靴であったり、職業柄、過度な運動、体質など、様々ですが、このページでは、最もポピュラーなモートン病の靴による原因とその改善方法について記事を書きました。

 

まず、モートン病の靴による原因としては、靴先端部が細くなっているお洒落革靴、ハイヒールといった靴による指神経(足の指の間を通る神経)圧迫があげられます。

 

数年前、一緒に就職活動していた同期が足の痛みを訴えて筆記試験をさぼりました。後々話を聞くと、原因はお洒落のために履いていた先の尖がった革靴による神経圧迫。彼は、靴を変更することで、すぐに症状が回復しました。

 

次に、指先端部への極端な荷重です。例えば、バレエなど、つま先立ちを多くする場合にモートン病のリスクが高まりますが、これは、趾(あしゆび)へ局所的に体重がかかり、指神経を圧迫することが原因です。

 

中学校時代の知り合いが確か足の裏の痛みを訴えてバレエ教室を休んでいたのを聞いたことがあります。もしかして、モートン病だったのかもしれません。これは、ハイヒールにも同様の原理で、ハイヒールを履くと、軽くつま先立ちの状態になりますよね。

 

だから、こういった理由からもハイヒールには要注意です。ヒールの低いものに替えることで、モートン病の靴のリスクを低減できます。

 

 

以上のように、モートン病の靴による原因は、合わない靴の先端部の締め付けによる圧迫、趾への局所的な荷重が主な原因と考えられます。どういう原因で症状が起こったかを一回冷静に考えてみることで、モートン病の靴による改善方法が見えてくると思います。

スポンサーリンク