モートン病 整形外科

スポンサーリンク

整形外科の先生って、モートン病治せるのかな?

足の裏に痛みやしびれを伴うモートン病は、ひどい場合、歩くのが困難になり、治療に手術を要するケースもあります。そのため、早めの受診が望ましいのですが、マイナーな病気であるため、我々、一般庶民には情報が少なく、なかなか専門医を探すのが難しいみたいです。そこで、専門でない整形外科で診療してもらうことが可能なのでしょうか。

 

まず、はっきり言えること。歩くことが難しいくらい重症である場合は、普通の整形外科では難しいかもしれません。神経腫が大きくなっている可能性が高く、この場合は手術を要するからです。足の外科専門でない場合、手術は嫌がられるケースが多いみたいです。モートン病がマイナーなため、普通の整形外科だと、手術できる人が限られるのでしょう。

 

逆に、症状が軽い場合は診療してもらえる可能性はあります。例えば、筆者の友人の場合。就職活動中にモートン病と診断されたのですが、モートン病の専門でも、足の外科専門でもない普通の整形外科で、治療していました。やったことは、靴を足の負担が減るものに換えるといった生活指導、患部を湿布や薬剤で痛みを和らげること、超音波などでの患部の温熱療法です。

 

結論としては、モートン病の治療の場合、当然専門医に診療してもらうのが一番です。しかし、もし、あなたの症状が軽いならば、普通の整形外科で治療して、完治することが可能だと思います。普通の整形外科でも、湿布などの薬剤は出せますし、電波や超音波などでの治療もできます。但し、重症の場合は、専門医でないと診療は難しいようです。

スポンサーリンク