モートン病 対策

スポンサーリンク

モートン病の対策はどんなふうにするのでしょう?

モートン病は、足の裏側、趾(あしゆび)の付け根から先端まで、痛み、しびれといった違和感を覚える病気で、重症の場合、立つこと、歩くことさえ困難になりますし、疲労骨折にもつながる可能性があるのです。

 

また、治療においては、最悪、手術を要する場合もあり、非常にやっかいな病気だと言えます。発病の原因は靴にあることが多いですが、他にも要因はあります。そこで、このページでは、原因から考えられる対策についてご紹介致します。

 

まず、モートン病の原因として、ハイヒールなど、先端部の細い靴を常用している場合に、常時、指神経が圧迫されて症状を起こす場合が多いため、靴の改善が必要となります。

 

足の先端部に圧迫感のない自分に合った靴を選定する、ヒールの低いハイヒールを選定することで、指先にかかる荷重を軽くする、といった靴選定における対策ですね。

 

 

筆者の友人も当時流行っていた先端の細いお洒落な革靴から、本人に合った革靴を選定することで、症状が改善されました。代表的なモートン病対策です。

 

次に、外回りの多い営業、立ちっぱなしの販売といった職業柄、モートン病になりやすい場合です。革靴が合わない、ハイヒールの常用といった靴の面が原因でない場合の対策として、テーピングでの補強があります。

 

それでも駄目な場合、やはり、配属部署の異動を申し出る他ないでしょう。症状が軽い場合、足の負荷を和らげてやることで早期に改善できますので。

 

最後に、扁平足気味(足が平たい、アーチが少ない)の人の場合です。このような場合、指先にかけて、第1趾(足の親指)に荷重がかかりづらく、第2〜4趾に荷重がかかりやすいため、モートン病となりやすいです。

 

 

そんな場合の対策としては、インソール(靴の中敷)の使用が考えられます。インソールを使用することで、足にアーチ構造を作らせ、正しく足に荷重がかかるようにしてやります。そうすることで、症状は改善します。

スポンサーリンク