モートン病 テーピング

スポンサーリンク

原因をきちんと理解してテーピングを巻き、モートン病を治そう!

酷い場合、歩くのが困難になるモートン病は、様々な治療方法があります。基本的に、保存療法が主流でありますが、中でもテーピングは、マッサージ、インソールと並んで、中心的な治療方法です。

 

テーピングのみで痛みがとれるケースもかなりあるそうです。基本的には、医者に巻いてもらうらしいのですが、簡単なものなら自分でも巻けます。自分でテーピングを巻いてモートン病を克服している方々は、どのようにしているのでしょうか?

 

やり方は、ネットやYOUTUBEから情報を得ている人が多いです。中には、医者に巻き方を教わっている人もいるかと思いますが、医者が教えてくれるテーピングは難しい場合が多いです。例えば、足の痛み専門サイトを運営されている笠原先生などは、確かにモートン病には効果のある巻き方を提示してくださっているようですが、結構面倒くさい巻き方です。

 

テーピングの巻き方云々よりも、モートン病の原因から推察するに、足の横アーチ構造を強制的に作るようにすれば良いと思うんです。正しく矯正されていれば、効果あると思うので。

 

そこで、誰でも簡単な足裏テーピング方法を説明します。あくまで一例として。

 

1)テープを、足の甲、親指側から小指側へ引っ張り、足の裏側へまわし、足の裏で小指側から親指側へまわす(テープで足を1周)
2)足の甲、親指側から小指側へとまき(2周目)、小指側から足の裏の踵(かかと)の内側へ巻いて、テープをクロスさせるかんじで外側のほうへ巻き、足の裏側から親指の方へテープを引っ張って完成。

 

スポンサーリンク